米国株の買い方<世界を代表するグローバル企業の株の買い方>

最近では米国株を取り扱う日本国内の証券会社も増えています。
世界最大の経済大国であり、世界最大の市場規模である米国株の買い方を意外に知らない方も多いようです。
日本国内の証券会社の中で米国株を取り扱っている証券会社の中でもおすすめは楽天証券、マネックス証券、SBI証券の3社です。
この3社であれば、比較的取り扱い銘柄数も多く、新興国や注目のテーマなどに特化した米国上場の各種ETFも豊富に取り扱いがあります。
取引もリアルタイムで可能ですから、ほぼ日本株と同じような感覚で取引をすることができます。
これに加えて米国のマーケットが開くのは日本時間で23時以降なので、お昼に会社勤めのサラリーマンにとっては会社から帰った後、自宅でゆっくりと取引ができるのも米国株の買い方の魅力の1つではないでしょうか。
この機会に、IBM、グーグル、アップル、エクソンモービル、コカコーラ、マクドナルド、ゼネラル・エレクトリック、マイクロソフト、P&G、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ウォルマート、ファイザー、フィリップ・モリス・インターナショナルなど、世界を代表するグローバル企業が上場する米国株を買ってみるのはいかがでしょうか。


米国株の買い方

1、証券会社に口座を開設
米国株を買う場合、まず証券会社で口座を開設する必要があります。
証券会社は米国株式取扱銘柄800銘柄(ADR含む)とネット証券No1のアメリカ株取扱銘柄数の楽天証券に口座開設することをおすすめします。
ネット証券の楽天証券なら、外国株式の取引手数料もネット証券ならではの格安で購入できます。
また、米国株式を購入時に米ドルMMFから資金を充当したり、売却資金を米ドルMMFで運用したりと、待機資金を無駄なく運用できます。


2、米ドル資金を用意
米国株式(ETF、ADR含む)は米ドルで取引することになるため、楽天証券などのネット証券でアメリカ株式を買付ける際には、あらかじめ米ドルを用意する必要があります。

円資金を証券会社の口座に入金し、外国為替取引で、米ドルの買い注文をします。
楽天証券の場合、為替取引はウェブ上で行えます。
円をドルに換えた後で、米国株式(ETF、ADR含む)の発注ができるようになります。


3、米国株を注文
買いたい米国株の銘柄(ETF、ADR含む)を選んで注文します。
楽天証券の場合、売買単位は、買付は10口単位、売却は1口単位になります。

楽天証券なら世界への投資がこんなに身近!あなたならどれにする?
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら

資産運用でお金を増やす方法資産運用ファンドETF資産運用
posted by shares at 18:26 | 米国株の買い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。